蒲田駅前歯科・矯正歯科

ブログ

歯ブラシってどうやって選べばいいの?

こんにちは!
蒲田駅前歯科・矯正歯科、歯科衛生士の石川です🦷🫧
皆さんは今お使いの歯ブラシ、どのようにお選びになりましたか?
今現在薬局やコンビニで歯ブラシコーナーを見てみると、本当に様々な歯ブラシが並んでいると思います。
その中からご自身に合った歯ブラシを探すとなると、少し悩んでしまう方が多いのではないでしょうか?
本日は、ご自身のお口の中の状態に合わせた歯ブラシ選びができるよう、3つのポイントをお伝えします!

蒲田駅前歯科・矯正歯科 蒲田駅東口徒歩1分 歯医者 歯磨き 歯ブラシ

〈ポイント①毛の硬さ〉

歯ブラシ選び、1つ目のポイントは歯ブラシの毛の硬さです。
歯ブラシには「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類の毛の硬さがあります。
そもそも何のために毛の硬さが分かれているのかというと、主には『 歯肉の状態によって使い分ける』ために分かれているとされています。
そこで、まずは今のご自身の歯肉の状態をセルフチェックしてみましょう!

☑️歯肉が赤く腫れていませんか?

☑️歯肉を押すと血や膿は出ませんか?

☑️歯肉を触った際、痛みはありませんか?

蒲田駅前歯科・矯正歯科 蒲田駅東口徒歩1分 歯医者 歯周病 歯茎 腫れ

上記に1つでも当てはまった方は、歯肉に炎症がある可能性が高いので、「やわらかめ」をお選びいただくと、歯肉への負担を減らせるのでオススメです。(※)
1つも当てはまらなかった方は、現状は歯肉に強い炎症は見られない可能性が高いので、「ふつう」をお選びいただけると、程よくコシのある毛でしっかりと汚れを落とすことができるのでオススメです。(※)「かため」の歯ブラシについては、歯や歯肉への負担が大きい場合があるので、使いたい歯ブラシがある際は是非一度歯医者さんへご相談ください。
※セルフチェックは歯周病の正確な診断をしている訳ではありません。
セルフチェックで当てはまらなかった場合でも、無症状で歯周病が進行していることもあるので、定期的に歯科検診を受けましょう。

〈ポイント②ヘッドの大きさ〉

歯ブラシ選び、2つ目のポイントはヘッドの大きさです。
歯ブラシの「ヘッド」とは、毛が植毛されているブラシ部分のことです。
お口の中は空間が限られているので、ヘッドが大き過ぎる歯ブラシだと、どうしても奥歯まで届きづらくなってしまいます。
なので、できるだけヘッドがコンパクトなものを選んでいただけると、奥歯までしっかりと歯ブラシが届きやすくなります。
具体的には縦幅が2cm程度で、3列植毛のものだとコンパクトタイプといえますので、これを目安に選んでいただけるとよいと思います。

〈ポイント③毛先の形状〉

歯ブラシ選び最後のポイントは、歯ブラシの毛の先の形状です。
歯ブラシの毛先の形状をよく見てみると、ギザギザになっていたり、先細りになっていたりと様々な形があると思います。
今回はポイント①のときと同様、歯肉の状態を目安に選ぶ方法をお伝えします。
歯肉に炎症がある場合は、歯肉ポケット内に毛が入りやす「テーパード毛」をオススメします。
特に歯肉に炎症が見られない場合は、「ラウンド毛」か「フラット毛」を選んでいただけると、歯への接触面積が大きいため、効率よく磨くことができてオススメです。
以上、3つのポイントをお伝えしました。
皆様の歯ブラシ選びの参考になれば幸いです。
最後に、色々お伝えしましたが、ご自身が使いやすい歯ブラシを使うこともとっても大切です。
「これはどうかな?」「私にオススメの歯ブラシは?」など、気になることがあれば是非蒲田駅前
歯科・矯正歯科にご相談ください( ¨̮ )🪥✨✨

蒲田駅前歯科・矯正歯科 石川

お口の中のお悩みは、
蒲田駅前歯科・矯正歯科まで
お気軽にお問い合わせください。

JR蒲田駅 東口駅徒歩1分
/ 京急蒲田駅 徒歩9分

電話
予約
診療時間
電話する
ご予約・お問い合わせ