蒲田駅前歯科・矯正歯科

ブログ

マウスピース矯正ってなに?

マウスピース矯正(製品名:インビザライン 完成物薬機法対象外)とは、ワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置で歯を動かす新しい矯正方法です。目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。

蒲田駅前歯科・矯正歯科 蒲田駅東口徒歩1分 歯医者 マウスピース矯正

人と会ったり喋る機会が多い仕事の方でも、他人に気づかれずに歯列矯正を行えるマウスピース矯正は、社会人の方や年配の方でも負担の少ない矯正方法と言えます。

インビザラインとは

マウスピース矯正にはいくつかの種類があります。

その中でインビザラインは世界で800万人以上を超える治療実績があり、矯正先進国であるアメリカやカナダでは、70%以上の矯正医がインビザラインを採用しています。
マウスピース矯正の中では治療実績が最も多いのがインビザラインです。

インビザラインのメリット・デメリット

メリット

・目立たない
マウスピース矯正の最大のメリットは、透明のマウスピースを用いるため目立たず、ほかの人から気付かれにくいということです。営業の仕事など、人と接する機会が多い場合でも安心です。

・取り外し可能
ワイヤー矯正の悩みのひとつが常時装着しているため、食べかすや汚れがたまりやすいことです。お手入れする際も器具が邪魔できちんと磨けていない感じがします。しかし、マウスピースは食事や歯磨きの際に取り外し自由であり、そうしたストレスを軽減できます。

・金属アレルギーの心配がない
ワイヤー矯正は一般的に金属の矯正装置を常時装着しているため、金属アレルギーの心配があります。マウスピースに金属は使用していないため、アレルギー体質の方も安心です。

蒲田駅前歯科・矯正歯科 蒲田駅東口徒歩1分 歯医者 マウスピース矯正

デメリット

・対応できる症例に限界がある
マウスピース矯正の最大のデメリットは、ワイヤー矯正と比べて脱落のストレスはほとんどないという点です。出っ歯や受け口など、抜歯して口元を大きく変化させるような場合はマウスピースだけでは矯正が難しいこともあります。

・装着時間が長い
メリットの部分でマウスピースは取り外しができる点を挙げました。しかし、だからといって自分の好きなように脱着してよいということではありません。希望の形に歯列を矯正するためには1日20時間以上の装着が必要とされていますから、食事中と歯磨き以外はずっと付けておかなければなりません。

・装着中の制限がある
マウスピース矯正の場合、取り外し可能なため装着した状態での飲食は想定されていません。つまり、装着中は虫歯の原因となるジュースやお菓子を基本的に摂取できませんし、仮にノンシュガーであったとしてもお茶やコーヒーは着色する恐れがあるため避けたほうがよいでしょう。

こんな人におすすめ

マウスピース矯正の特徴を踏まえると、以下のような方にこの治療法はおすすめです。
(1)大きく歯を動かす必要がなくピンポイントで矯正したい方
(2)矯正していることを知られたくない方
(3)自己管理ができて、毎日20時間以上マウスピースの装着が可能な方

まとめ

マウスピース矯正についてご説明しましたが、全てにメリットデメリットがあるため、よく検討し、ご自身に合った矯正方法で綺麗な歯並びを目指していきましょう。

矯正についてご不明点やご相談等ございましたら、お気軽にご相談ください。

蒲田駅前歯科・矯正歯科 

お口の中のお悩みは、
蒲田駅前歯科・矯正歯科まで
お気軽にお問い合わせください。

JR蒲田駅 東口駅徒歩1分
/ 京急蒲田駅 徒歩9分

電話
予約
診療時間
電話する
ご予約・お問い合わせ