蒲田駅前歯科・矯正歯科

ブログ

ラバーダム防湿について

こんにちは、蒲田駅前歯科・矯正歯科の歯科医師の花岡です。
今回は根管治療によく使われている、ラバーダム防湿について紹介したいと思います。
みなさまは、ラバーダムという言葉を聞いたことあるでしょうか。ラバーダムとは、ゴム製のシートで治療する歯のみをお口の中と隔離し、唾液や呼気が入り細菌感染することを防いだり、詰め物のセットの時により良い接着のため使用されます。
では具体的にどのように使用するのか紹介させていただきます。

ラバーダム使用方法

まず、ゴムのシートに治療する歯の位置に合わせて穴を開けます。
クランプと呼ばれる歯を掴む器具とゴムのシートを合わせ、治療する歯に引っ掛けます。
ゴムのシートの周りをフレームにつけて完成です。
これでお口の中と治療したい歯のみを分けることができます。

蒲田駅前歯科・矯正歯科 蒲田駅東口徒歩1分 歯医者 ラバーダム 根管治療

ラバーダム防湿のメリット

・根管治療の時に、根管の中に唾液や呼気が入らない。
→これは、唾液や呼気の中にはたくさんの細菌が含まれているので、根管治療後の予後を良くするためにとてもいいことです。
・器具や薬液が口腔内に入らない。
・唇や舌を機材により傷つけない。
・治療する歯のみを明示できるため、操作性が良くなり治療の成功率も上がる。
などなど多くのメリットが挙げられます。
しかし、鼻呼吸できない方、顎の弱い方、口を開けてるのがつらい方には適さない場合があります。
当院では口を開けてるのがつらい方には、口を開けるのを助けるバイトブロックと呼ばれる器具を噛んでいただきます。

蒲田駅前歯科・矯正歯科 蒲田駅東口徒歩1分 歯医者 バイトブロック 根管治療

メリットが多いにも関わらず、現在の日本ではラバーダムの使用率は低い現状にあります。要因として手間がかかることだったり、面倒であるから、などがあります。
しかし、根管治療に対して技術や意識の高い米国においてはラバーダム防湿はスタンダードとされており、日米両国の歯内両方学会において推奨されています。
ラバーダムを使用したことがない方が多いと思いますので、当院では使用する前に目的や使用方法など説明し、理解してもらった上でラバーダム防湿を行っています。
みなさまのお口の中のより良い未来のために、日々精進していますので、何かお気になることがありましたら、ぜひご相談下さい。
最後に、新型コロナウイルス感染症が未だに猛威を振るっていますので、手洗い・うがいに加えて、毎日の歯ブラシをより丁寧に行うことによって、体とお口の中の両方の健康を保っていきましょう。

蒲田駅前歯科・矯正歯科 花岡

 

お口の中のお悩みは、
蒲田駅前歯科・矯正歯科まで
お気軽にお問い合わせください。

JR蒲田駅 東口駅徒歩1分
/ 京急蒲田駅 徒歩9分

電話
予約
診療時間
電話する
ご予約・お問い合わせ